スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピー★ハロウィン

10月31日はハロウィンです!今週土曜日の夜はアメリカやカナダ、また世界の様々な場所で、子供たちがお化け、魔女、ガイコツ、また面白い人物や物に仮装することでしょう。

Halloween Costumes

仮装した子供たちはご近所さんの玄関から玄関へ「お菓子をくれないと、いたずらするよ!」と叫んでまわります。そしてご近所さんたちはハロウィン用のキャンディやクッキー、果物を子供たちにあげます。もしお菓子をあげないとしたら、子供たちはそのご近所さんにいたずらをするかもしれないからです。よくあるいたずらとしては、その人の家をトイレットペーパーでぐるぐる巻きにしてしまいます!

Toilet-Papered House


ハロウィンは古代ケルト民族のサウィン祭りにその起源をもっています。ケルト民族は数千年前にアイルランドやスコットランドに住んでいました。--キリストの誕生よりもずっと昔です!サウィン祭りとは収穫期の終わりを祝う祭りでした。祭りは収穫物がより分けられ、貯蔵されたあとに祝われました。そしてケルトの暦では1年の終わりをも意味しました。

古代ケルト人はたいへん迷信深い民族でした。彼らは1年の最後の日(ケルト暦では10月31日)に死人たちの魂が蘇ると信じていました。彼らはその亡霊たちをたいへん怖がりました。そこで彼らはお化けの格好をしたり、お面をつけるようになりました。本物の亡霊たちに自分たちも亡霊であると信じ込ませ、悪さをされないようにと願ったのです。ハロウィンで最も有名なシンボルといえば、ジャコランタンです。怖い顔が彫られたカボチャです。最初はカブで作られていました。

アイルランドの昔話に、悪魔を騙して何があっても地獄には落ちない約束をさせたジャックという悪人の話があります。しかしこの約束は結局裏目に出てしまいます。ジャックが死んだとき、彼は地獄にも天国にもいけなくなってしまったのです。ジャックは夜な夜な、カブでできたランタンに石炭の火を燃やして(悪魔からの贈り物)この世をさまよい歩くしかなかったそうです。

この物語は沼地や湿地帯で見られた不思議な炎を説明しようとするために作られました。(日本ではよく墓地にこのような炎が現れます。腐った人体や木材から発せられるメタンガスが原因なのですが、日本では「火の玉」として知られています。)












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Be & Me 英会話 CLUB です!
teacher
Hello!

beandme

MENU
リンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。